沿革

平成8年(1996)1月ジェトロ認定輸入ビジネス・アドバイザー制度の第1期・第2期認定者の大多数が参加して、任意団体「輸入ビジネス・アドバイザー連絡会」発足。(英文名を Association of Import Business Advisers とする。)
平成12年(2000)7月ジェトロ認定貿易アドバイザー制度の発足に伴い、輸入ビジネス・アドバイザーが「貿易アドバイザー」へ呼称変更され、その結果当会呼称も「貿易アドバイザー協議会」と改称。(英文名を Association of International Trade Business Advisers とする。)

事務局を設置し事務局長を任命。
平成14年(2002)7月「有限責任中間法人貿易アドバイザー協会」(通称 AIBA)設立。(英文名を Association of International Trade Business Advisers, LLC とする。) 「主たる事務所」を東京都港区に置く。

その基金(600万円)を貿易アドバイザー協議会が100%拠出。

理事長(代表理事)に澤田敬之会員(2000年から協議会代表理事)が就任(2007年退任)
平成16年(2004)7月中間法人貿易アドバイザー協会の基金を900万円に増額。

今回も100%貿易アドバイザー協議会が拠出。

法人定款を大巾改正し、組織を中間法人貿易アドバイザー協会に一本化した。

(任意団体「貿易アドバイザー協議会」は休眠化)
平成19年(2007)7月協会の「主たる事務所」を東京都千代田区へ移転。

(新住所:東京都千代田区外神田一丁目1番5号昌平橋ビル2階)

代表理事に網谷昭寛会員が就任。(2011年退任)
平成20年(2008)7月前年で廃止されたジェトロ認定貿易アドバイザー試験の精神を受継ぎ、ジェトロ、日本商工会議所、日本貿易会、対日貿易投資交流促進協会の後援を得て、「AIBA認定貿易アドバイザー試験」をスタート。第1期合格者11名を認定。以後毎年合格者のほほ全員がAIBAに入会。
平成21年(2009)4月一般社団法人及び一般財団法人に関する法律(H18年法律第48号)および同整備法の施行に伴い、当協会法人名を「一般社団法人貿易アドバイザー協会」(通称 AIBA)と改称。 英文名を Association of International Business Advisers, GIA とする。(GIA=General Incorporated Association)。

「AIBA認定貿易アドバイザー試験」第2年度は、前年の4団体に加え日本商事仲裁協会の後援を得て5団体の後援並びに貿易・産業協力振興財団の協賛体制で実施されることになった。
平成23年(2011)6月代表理事に渡辺肇幸会員が就任。
平成27年(2015)6月代表理事に森重道会員が就任。

個人会員数 319名 2017年5月15日現在

adobe_pdf_file_icon_32x32貿易アドバイザー協会沿革.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント122KB
ダウンロード