支 部 名 関西支部
支部独自のホームページ等 独自のホームページなし
支 部 会 員 数 79名(2021年4月1日現在)
支 部 役 員
(括弧内は会員番号)
会 長:松浦 光吉(534)
副会長:高村 敏明(692)
書   記 : 中西 知之(608)
会   計 : 濱口 徹(692)
監   事 : 小橋川 唯之(768)
連 絡 先  e-mail

 

支部長: mitsuyoshi@zeus.eonet.ne.jp
支部役員:aiba-kansai1@googlegroup.com
お問合せ一般:info@aiba-kansai.com
カ バ ー 地 域  関西支部は、大阪府、兵庫県、京都府、奈良県、和歌山県、滋賀県、福井県、石川県、富山県居住の会員で構成されています。会員は、貿易会社、メーカー、金融機関、ロジスティック(通関業務を含む)企業勤務者や経験者、及び独立事業主等です。
支 部 活 動 〇原則奇数月に定例会を開催しています。定例会では、支部の企画・運営協議の他に、毎回、新入会員やベテラン会員、外部講師による興味深いテーマの【講演会】(内部研修)を行っています。
〇支部総会は年 1 回5 月に開催され、事業報告、決算報告、役員改選、新年度事業予定報告を行っています。
〇定例会、総会終了後には、会員親睦会を開催し、本音でコンサル業務、アドバイス業務等について分け隔てなく語り合って、相互理解・研鑽を図っています。
〇大阪商工会議所との交流を行い、年 1 回共催での施設
見学会等を行っています。
〇アカデミック分野では、近畿大学との交流を行い、社会貢献活動の一環として、学生の進路相談(就活相談)にも応じています。
〇関西支部独自の事務所第一段階として、支部役員活動の拠点として、大阪駅北側グランフロント北館 C 棟のナレッジサロン(シェアードオフィス)へ、2017 年 1月入会しております。ここでは、支部役員会の他、各種打合せ、会員による商談、情報発信、会員間の交流活動を行っております。
2020年度実施の【講演会】  
  7月 ドーンセンター
〇「マネーロンダリング及びテロ資金供与対策の現状と
金融機関の動向」(谷生会員(788))
9月 Zoom でのオンライン 近畿大学と共催
〇「総合商社の今後の展望?伊藤忠商事の歩みを俯瞰す
る?」(井川会員(816))
〇「中堅・中小企業のグローバル化の進展と公的機関の
海外展開支援」(岡本会員(819))
〇「日本におけるアパレル貿易の変遷と課題」(加藤会
員(820))
〇「スタートアップって何?」(篠原会員(827)) 11月 Zoom でのオンライン
〇「新工場設立での教訓」(入江会員(817))
〇「社内の EPA 取り組み」(田畑会員(833))
〇「中小企業の海外展開支援(貿易アドバイザーへの道)」
(東野村会員(834))

1月 Zoom でのオンライン 近畿大学と共催
〇「新米貿易アドバイザーとして自分が目指すべきこと」
(八尋会員(843))
〇「通関士の現状と今後の展望」(延山会員(836))

3月 Zoom でのオンライン
〇「地方の物流会社に勤務して」(角会員(832))

研修会 例年、大阪商工会議所との共催で、大阪、神戸、関空等の税関、物流会社、検疫所等を訪問していますが、2020年度はコロナ拡散防止の為に中止と致しました。
勉強会 例年、有志による中国・アジア研究会を 2 ヶ月に一度の頻度で開催していましたが、2020年度はコロナ拡散防止の為に中止と致しました。
前期(2020年度)開催勉強会での論題は次の通りです。
〇第83回 2019年8月「フィリピン人の日本への出稼ぎ、そして定住」(濱口(692))
〇第84回 2019年11月「ベトナムの将来性と課題」(安川(
644))
〇第85回 2020年2月「韓国の不可解な論理」(山岡(173))
セミナー AIBAでは、「AIBA認定貿易アドバイザー試験」を実施していますが、その対策セミナーとして、関西支部では以下を実施しました。
〇7月 スキルアップセミナー
〇10月 実力養成セミナー、直前対策セミナー
その他 〇兵庫県内の高校(2 校)への出前授業実施
〇三重県農林水産物・食品輸出促進協議会委託事業
〇中小企業様向け社内研修セミナー